投稿

6月, 2009の投稿を表示しています

twitterとは

イメージ
twitterとはtwitterは140文字以内で「つぶやき」を投稿するといったシンプルなwebサービスです。ただ、これだけでは独り言になってしまう(つまんない)のでtwitterには「フォロー」というmixiでいうところのマイミクのような仕組みがあります。 フォローすることによって自分専用ページにフォローしたユーザーのつぶやきを表示する事ができます。 例えばフォローしたユーザーが 銀座に○○というおいしいラーメン屋発見!! とか iPhoneの○○というアプリ超おすすめ!! といった興味深い投稿が飛び込んでくる事もあります。 さらにtwitterはつぶやきに対して返信することが可能です。返信内容は他のユーザーからも見られるので、なにげなくつぶやいた一言が複数ユーザーとの会話に発展し、盛り上がる事もしばしばあります。 twitterを楽しむには さて、何をおいてもまずはアカウントを作成しましょう。アカウントができたら、次にフォローするユーザーを探します。 フォローするユーザーを探そう。 フォローしないことには独り言になってしまうので、フォローするユーザーを探してみよう。 ブログから探す 普段チェックしているブログがあればtwitterのアカウントがブログ上に公開されていないか探してみましょう。普段、購読しているブログのユーザーであればtwitter上でも関心の高いつぶやきをしている可能性が高いと思います。 フォローしたユーザーから探す フォローしたユーザーがフォローしているユーザー(友達の友達?)の中には趣味趣向が近いユーザーがいるはず。。。探してみましょう。 twitter検索で探すtwitter検索に興味深いキーワードを入力して探してみましょう(ラーメン、秋葉原、iPhone) 返信してみる。 興味深いつぶやきがあったら返信してみよう。返信するには 「@Username 発言内容」 とつぶやく。 例)Usernameが「kojiochan」に「なるほど!!」と返信したい場合 @kojiochan なるほど!! RTしてみる。 RTとは他の人のつぶやきを自分をフォローしている人に伝えたい場合に使うローカルルール。メールでいうところの転送に近い。RTするには 「RT @Username 発言内容」
かなりざっくりとtwitte…

POKEN(ポーケン)購入

イメージ
今、巷で話題?のPOKEN(ポーケン)を購入してみました。
POKEN(ポーケン)とはデジタル名刺を交換できるコミュニケーションツールです。



ブログのURLやtwitter、skypeのID等をPOKEN専用サイトに登録し、お互いのセンサーをタッチすることによって端末IDを交換することができます。その後、PCにUSB接続しID、パスワードを入力することによって相手の名刺を見ることができます。


POKEN本体には端末IDのみ保存されるため、万が一紛失してしまった場合でも個人情報は安全に保たれます。

今のところ持っている人に会ったことがないので宝の持ち腐れ?ですが、各地でイベントをやっているようなので参加してみたいと思います。

これから購入してみようと思う方はamazonやヨドバシカメラ、ビックカメラで販売していますので覗いてみて下さい。

[ポーケン / Poken] - Panda
posted with amazlet at 09.06.10 Poken SA (Switzerland)
売り上げランキング: 6580 Amazon.co.jp で詳細を見る

Firefoxおすすめアドオン3選

イメージ
Firefoxには「アドオン」というブラウザを自分好みにカスタマイズできる拡張機能がたくさんあります。その中でもおすすめのアドオンを3つご紹介致します。








All-in-One Gestures マウスの右ボタンをクリックしながらマウスを動かすことでブラウザの様々な機能を実現する事が可能。例えば、右ボタンをクリックしたままマウスを左に動かすと履歴を「戻る」。マウスを右に動かすと履歴を「進む」等。マウスジェスチャーにどのような機能を追加するかは自由にカスタマイズ可能なので使いやすいようにどんどんカスタマイズしてみよう!! Xmarks 複数のWebブラウザのブックマークを同期してくれるアドオン。自宅のPCと会社のPCやデスクトップPCとモバイルPCのブックマークを一元管理するのに便利。PCの再インストール時もWEB上にブックマークのデータが保存されているのでバックアップとしても使える。一度使い出すとやめられないかも。 TwitterFox Twitterを簡単に表示、更新できるアドオン。数分おきに自動でコメントをチェックしポップアップ表示してくれるのでいちいち「Twitter」にいってブラウザを更新しなくてもよい。